2020年3月2日月曜日

山形大学 公開森林実習 「雪山実習」


学術研究員の奥崎です.

2020年2月26日~28日に山形大学農学部やまがたフィールド科学センター 上名川演習林にて開催されました雪山実習についてご紹介します.今回は山形大学,神奈川大学,鳥取大学から18名の学生が参加してくれました.

1日目(2月26日)

バスで演習林の手前に到着.そこから演習林の宿舎までは徒歩で向かいます.
荷物は雪上車で運びます
5 kmの雪道ハイキングです
宿舎到着後,積雪断面の観察を行いました.積雪がなんと80 cmしかありません.例年であれば,2~3 mは積もります.
野村先生による説明
積雪断面の作成
雪の密度や粒径の測定
スプレーによる層構造の観察
2日目(2月27日)

昨夜から降り出した新雪が積もり,雪山実習らしくなってきました.

午前中は伐木見学と枝打ち体験です.今回は樹齢100年のスギを職員さんに切っていただきました.大迫力でした.
まず受け口を作ります
追い口を入れるとメキメキと音を立てて倒れます
3 mごとに年輪を図り,成長量を計算します
   続いて,スギの若木の枝打ち作業を行いました.
枝の付け根から切り落とします


午後は冬芽の採集と観察を行いました.
10種類くらい集めます
スキーの練習もします
菊池先生の説明を聞いて,スケッチと種同定を行います
 3日目(2月28日)

最終日はレポート作成後に,かまくらとイグルーを作りました.


しまり雪なのでいろんなものを作れます
イグルー
雪像(なかなかのクオリティです)
スノーモービルも体験できます
最後に集合写真を撮って,スキーで下山しました.



雪に初めて触れた学生も多く,良い経験になったのではないでしょうか.

公開森林実習は他の大学でも開催されています.いろんな森林を体験できますので是非参加してください.


2020年1月27日月曜日

森林研究・フィールドトレーニング 「生き物たちのつながり」の生態学 in 南紀熊野

和歌山研究林の中村です。
8/26~8/30に、森林研究・フィールドトレーニング「生き物たちのつながり」の生態学 in 南紀熊野の実習を和歌山研究林で実施しました。
参加者は1名でした。

8月27日(初日)
現場視察:たまたま和歌山研究林内を流れる平井川の河川敷に流れ着いた鹿の死体を観察しました。そこには腐食性昆虫がいて、食うー食われるの相互作用が見られました。


研究計画の作成:夕食後に、「現在の理解」、「未解決問題」、「新しい研究課題」、「注目すべきプロセス」、「仮説」、「調査方法」という研究計画を作る際の重要なプロセスについて説明を受けました。
その後、研究計画作成に取り掛かりました。

8月28日(2日目)
研究テーマを検証するための研究手法を考えました。ホワイトボードを使ったデスカッションを行いました。
どの虫がどの順番で死体を利用するのか?どのような利用をするのか?を考えました。もう一度、野外の鹿の死体を観察して、その確認をしました。

実験デザインは、より具体的にしていき、統計解析もできるように繰り返し数まで考えました。

昆虫の行動(摂食)実験のために古座川町のジビエ施設から足をもらいました。

8月29-30日(3-4日目)
昆虫(ハネカクシ、ヨツボシモンシデ、ヒラタシデ)のシカの足を使った行動(摂食)実験を行いました。深夜までかかる長時間の実験となりました。
その頑張の甲斐あって、クリアーな結果が得られました。
それら結果のグラフを作成し、解釈を考えて、パワーポイントで発表スライドの作成をしました。

8月31日(最終日)
発表を行いました。その質疑応答により、研究の結果の解釈がより明確になってきました。
今回の森林トレは、研究テーマを探すところからの研究体験だったので、大変だったと思いますが、学生の頑張もあり、どうにか形になったと思います。
大変お疲れ様でした。
参加してくれた学生もとても満足そうでした。
野外観察や室内実験により、森林の中の生態現象が明確になるのは、大変楽しいですよね。

参考
・内海研究室HP
・中村研究室HP

2019年10月17日木曜日

信州大学「自然の成り立ちと山の生業演習」に参加してきました

苫小牧研究林 奥田篤志

2019年9月10日から信州大学農学部 手良沢山ステーションと西駒ステーションで開催された公開森林実習「自然の成り立ちと山の生業演習」に技術スタッフとして参加しました。当日入りが難しかったので、台風15号の影響が残る羽田空港から東京に前日入りし、高速バスで長野県南箕輪村の信州大学農学部に向かいました。13:00に講義棟21番教室に集合しました。

受付終了後、小林先生から実習のガイダンスを受け、3班に分かれて翌日の森林観察(登山)のための地形図の準備などを行いました。続いて荒瀬先生から今回の実習のフィールドとなる西駒ステーションと手良沢山ステーションの概要と沿革、自然環境などの紹介がありました。その後、宿泊場所への移動まで時間ができたため、夕食後に予定していたアカデミックアワーを前倒しして、約1時間程度北大研究林と仕事の紹介をさせてもらいました。

西駒ステーションの説明をする荒瀬先生

  登山中の行動食を配るTAの学生

バスで手良沢山ステーションの学生宿舎に移動し、TA3名の指示に従って3つの班が日替わりで夕食と明日の朝食の準備をおこなうなど、取り決めとルールの説明があった。続いて翌日の植生観察(登山)中の行動食(昼食含む)を配り、1班が作った夕食を頂き初日の日程を終えた。

 
11日は朝から西駒ステーションに移動して標高1,250mから2,200m付近までの、里山として利用されてきた森林の植生の変化や、造林地など利用の変遷を観察した。標高2,000mの山が「里山」という感覚は北海道の山しか経験が無い自分にはとても新鮮でした。

小林先生を先頭に植生観察をしつつ山小屋へ

最後に靴を脱いでの沢渡りも・・・
12日は1989年から94年にかけて植林されたヒノキ林の間伐作業をおこなった。3,000本/haから1,500本/haに間伐し、侵入した広葉樹も除伐しました。初めて鋸を使う学生も多く、30度を超える急傾斜地での作業に苦労していた。

間伐前

作業の様子

   間伐後(すっかり明るくなった)
間伐の後は薪割。チェンソーの使い方を一通り説明して、で玉切りの練習をした後はひたすら斧で薪を割っていく。始めはぎこちなかったが、気持ちよく割れるようになると薪割が病みつきになるようで、遅くまで割り続けるグループもあった。


割った薪はきれいに積んで乾燥

この日の夕食は薪を使ってバーベキュー。ヒノキの薪を燃やした煙の香りが心地よく、とてもおいしく感じられました。

13日、最後の朝食の後は宿舎の掃除を済ませて、バスで農学部の講義室へ移動。間伐調査のデータ集計とレポート、アンケートの作成。丁度お昼で終了となりました。
何とかお天気にも恵まれ、すべての日程を無事に終了できました。12日の昼のお弁当以外すべて学生たちの自炊という実習もなかなか良いものだと思いました。地元食材にこだわり、獲物や収穫物を取り入れるとより楽しめるかもしれないと感じました。

2019年9月11日水曜日

第6回森林フィールド講座・四国編





学術研究員の奥崎です.

2019年9月2日~6日に高知大学嶺北フィールドにて開催されました「第6回森林フィールド講座・四国編」についてご紹介します. 「森林フィールド講座」は学年・学部を問わず,全国の大学生が参加可能な森林初学者向けの実習です.


今回は森林率が高く,古くから林業の盛んな高知県を舞台として,森林の調査と施業を体験する実習です.中国・四国地区大学間連携フィールド演習ならびに全国大学演習林協議会公開森林実習との同時開催となり,全国から29名の学生が参加してくれました.

1日目(9月2日)



まず高知駅から北に向かい,「ばうむ合同会社」にて若手林業家,川端さん(山番有限責任事業組合)と立川さん(地域おこし協力隊)から嶺北地域での林業や生計の立て方についてお話をしていただきました.


穴内川ダムに面する宿舎に着いたら,バーベキューです.お肉のほかに鰹とナスのたたきなど高知の名物を楽しみました.


2日目(9月3日)



いよいよフィールドワークのスタートです.演習林の説明を受けた後,林内に調査区画を作ります.




急斜面に加え,初めて使うポケットコンパス(方位磁石と望遠鏡を組み合わせた測量機器)で苦戦しながらも,無事に水平距離で10×10 mの区画を作成できました.




宿舎に戻ってからは,方位角と高低角から区画内の樹木の位置を作図しました.




夕食後はアカデミックワールドです.今回の森林フィールド講座には全国各地の連携校(北海道大学,山形大学,筑波大学,琉球大学)から教職員が参加しており,それぞれの大学の研究林・演習林での研究や活動を紹介しました.この日は奥崎が北海道の植生と昆虫の関係を,山形大学の菊池先生が上名川演習林を活用した教育と庄内地方の特色について紹介しました.


3日目(9月4日)


昨日作った区画内の樹種を調べます.よく似た樹木があるため,結構難しいです.



背の高い樹木は鎌つきの測桿で葉を採集して同定します.


午後は伐倒調査です.職員さんがチェンソーで切り倒した樹木を幹,枝,葉に分けて,それぞれの重さを測定します.



その途中でまさかの夕立,ブルーシートで雨宿りしました.



その夕立のため,野焼きは中止です.晴れていれば,ここで野焼きを体験できたのに残念.



この日のアカデミックワールドでは,筑波大学の遠藤さんから井川演習林の崩壊地と獣害対策について,琉球大学の上原さんから与那フィールドの自然環境と固有種について解説してもらいました.


4日目(9月5日)


これまでの植生調査から得られたデータをもとに,過去に人々がどのように山を利用していたのか,そして今後どのようになっていくのかを班ごとに発表しました.


午後は牧野植物園の見学です.高知の暖温帯から冷温帯にかけての植生が見事に再現されていました.


最後は高知駅で解散です.山の中での長い実習でしたが,全員元気にやり遂げることができました.次回は北海道大学の研究林で開催予定です.今回参加された方,そしてまだ参加したことない方のご参加を心よりお待ちしております.


最後に高知大学の教職員とTAの皆さん,たくさんの実習プログラムに加えて,美味しい食事に温かいお風呂をありがとうございました.