2019年2月25日月曜日

第5回森林フィールド講座・日本海編 1,2日目



学術研究員の奥崎です.

2019年2月19日~22日に山形大学上名川演習林で開催されました「第5回森林フィールド講座・日本海編」についてご紹介します.
「森林フィールド講座」は学年・学部を問わず,全国の大学生が参加可能な森林初学者向けの実習です.今回は豪雪地帯である山形県庄内地方の産業と雪山を体験することを目的として開催され,全国から21名の学生が参加してくれました.


1日目(2月19日)


鶴岡にある山形大学農学部に集合して,酒田臨海地域の発電所に向かいました.火力,風力,太陽光,バイオマスの発電施設が集まっており,異なる仕組みの発電所を一度に見学できます.


はじめに酒田共同火力発電所株式会社で石炭による発電施設を見学させていただきました.


タービンのある館内は冬でも暑いです
石炭は空気に触れて発熱します.それを抑えるため重機で石炭の山をならします
つづいて合同会社JRE酒田風力の風車とメガソーラーを間近で見せていただきました.
5回転で一般家庭1日分の電力を生み出せるそうです
ソーラーパネルが延々と続きます
サミット酒田パワー株式会社では木材チップによる発電について解説していただきました.



チップを満載したトラックが垂直になり,チップが燃料タンクに投入されます.
 昼食後,鶴岡バイオマス発電所で地元の間伐材を利用したバイオマス発電を見せていただきました.規模の異なる発電の特徴・長所を実感できたのではないでしょうか.

こちらでは発電所のすぐ隣で木材をチップ化しています
湿ったチップは脱水されてからボイラー(写真正面)に運ばれます
いよいよ上名川演習林に向かいます.入り口から雪道5 kmを歩いて宿舎まで向かいます.



荷物は雪上車で運びます


途中に温度計が設置されており,積雪の上と中の温度をモニタリングしています
宿舎に到着したらガイダンスです.山形大学のロペス先生が立体模型を使って,演習林を説明しました.



夕食後にアカデミックワールドが開催され,再生可能エネルギーや森の動物についての講義が行われました.森林フィールド講座には全国の大学演習林(北海道・筑波・高知・琉球)からスタッフが参加しており,様々な地域のフィールドや研究について学ぶことができます.



同じくロペス先生による再生可能エネルギーの講義です
続いて筑波大学の杉山さんがヤマネの調査について紹介しました
2日目(2月20日)
かんじき履いて,いよいよ雪山調査がスタートします.
上名川演習林の新井さんからかんじきの結び方を教わります
雪崩の心配がない林内で斜面の積雪深を測ります.
急斜面を登りながら,雪の深さを測ります

帰りは滑り降ります
つづいてスキー練習です.クロスカントリー式のため,はじめての人も多かったです.


午後には上名川演習林で研究を行っている大学院生の研究紹介がありました.
安定同位体分析により樹木の水と窒素の利用について最新の興味深い知見が得られています
その後は夕食までアクティビティーです.
TAも加わり,全チームで雪合戦
スノーモービル体験.速すぎて上手く写真が撮れません
急斜面でそり滑り
夜のアカデミックワールドでは西日本の演習林が紹介されました.
高知大学の早田さんが嶺北フィールドを活用した教育を紹介しました.
次に琉球大学の外間さんが与那フィールドの自然について説明しました.
後半に続きます!

第5回森林フィールド講座・日本海編 3,4日目

3日目(2月21日)
この日は積雪断面の観察と雪の化学分析を行いました.午前中は重機で掘った積雪断面を利用して調査方法を学びます.
深さごとに雪の密度などを測ります
午後は学生達が雪を掘り,その雪質の測定とその化学分析を行いました.
樹木がないところは雪がたくさん積もります
pHや電気伝導率を測定しました
夜はその調査結果を班ごとに発表しました.




専門的な議論が飛び交いました


実は懇親会は毎晩行われていたのですが,最後の夜ということでこの日は遅くまで賑やかでした.


4日目(2月22日)
最終日は快晴です.宿舎を掃除して,スキーで下山します.


皆さんかなり上達しました

カモシカの子供にも会えました!

農学部に到着して解散です.


全員最後まで元気に楽しんでいただけたのではないでしょうか.第6回は夏に北海道大学の研究林で開催予定です.今回参加された方,そしてまだ参加したことない学生のご参加を心よりお待ちしております.

2018年10月18日木曜日

森林研究・フィールドトレーニング「森林 de GIS」

森林研究・フィールドトレーニング「森林 de GIS」を、天塩研究林において8月13‐17日に行いました。
横浜、京都、鳥取、札幌から4名の学生さんが参加してくれました。
指導は天塩研究林の高木と早柏が行い、動物の痕跡調査は同林の技術職員と森林技能職員にサポートしてもらいました。
最終日の発表会には、教職員の他、博士課程の学生や博士研究員にも参加してもらいました。

スケジュール

1日目 昼集合/ガイダンス/ドローンによる森林計測
2日目 林内一円動物痕跡調査
3日目 河川・魚調査/研究課題の設定/データ解析
4日目 データ解析・まとめ
5日目 研究発表会/昼解散

大面積の研究林を堪能しながら、1日目午後~3日目午前中に全員で野外調査を行いました。
実習後半はGIS解析をキーワードに、参加者がそれぞれの研究テーマを設定し、とりまとめを行いました。

1日目午後はドローンを使って、森林の計測を行いました。
右上にドローンが飛んでいます。
全員がドローンの操縦を体験し、森林の三次元構造を計測しました。
2日目は、4班に分かれて、林道を一日中車で周り、動物の痕跡を見つける調査を行いました。
調査した林道の総延長は153kmで、天塩研究林林道の総延長の大よそ半分でした。
クマを見ることはできませんでしたが、エゾシカやキタキツネ、エゾタヌキ、エゾライチョウ、アカゲラ、キジバト等のいろいろな動物や野鳥、およびその痕跡など、総計108件目撃し、位置情報を取得しました。
朝のミーティングで各班の調査林道の打ち合わせを行いました。

シカの親子

クマの糞

クマがフキを食べた跡
タヌキ?の糞


3日目の午前中は、天然性林と人工林の2つの流域において、河川と魚類の調査を行いました。
参加者全員で釣りをして、魚の大きさと重さを計測し、時間あたりの釣果から生息密度を比較しました。
加えて河川のpHや電気伝導度の測定も行いました。
室内作業では、GISを用いてそれぞれの流域の地形や植生、地質の解析も行いました。
調査の準備


天然性林では人工林の倍くらいのヤマメが捕れました。イワナは天然性林のみで、ウグイやドジョウは人工林のみで捕れました。

3日目午後から、発表会直前まで室内でGIS解析作業です。
各自の研究テーマは、「複数流域の植生・地形の特徴と水質との関係」、「天塩研究林における動物の分布と植生との関係」、「ドローン計測データを用いた森林構造の14年間の変化」、「流域地形の比較解析」です。
皆さん睡眠時間を削って、解析ととりまとめを頑張ってくれました。必要に応じて、既存の環境情報も加えてとりまとめを行いました。



最終目の午前中に成果発表会をおこないました。2日弱の解析・とりまとめ時間でしたが、①広葉樹林でのみ目撃できた鳥がいたこと、②ヤマメの生息密度や個体サイズが森林タイプによって違ったこと。③広葉樹の水平方向の樹冠成長速度は方位によって違い、これには主風向の影響を強く受けている可能性が高いこと。④地質が河川水質に及ぼす影響が大きいこと。など、企画者の想定以上の解析結果を発表してくれました。





以下、今回の実習で得られた成果集です。皆さん解析技術を吸収する力が素晴らしかったです。
動物痕跡位置図。青色の線が調査林道、丸印が痕跡発見位置(色で種類を区別)、
研究林の植生分布が色で区分されています。

流域単位の森林蓄積量分布。濃い緑色の流域は蓄積量が多いことを表しています。


14年間の森林蓄積量の変化。左図中心部の青色は伐採箇所を表しています。
個々の木の樹冠を黒線で分離しており、右図の個々の木の右上(北東)部分の赤色は
14年間で樹冠が広がっていることを表しています。


10ha以上の大きさをもつ流域の境界(青色)を抽出しています。地質で色分けしています。